2007年12月15日

音楽の「言語性」とは?(139)

ショスタコービチの「交響曲第12番」のフィナーレ第4楽章の驚くべきタイトル「人類の夜明け」が、一体どのような経緯で付けられたものか知らないが、それが「当局」からの要請であるにせよ、「自主的なもの」であるにせよ、彼自身これを「パロディー」と受け取らなかったことは確かであろう。(無論、この交響曲の趣旨からして「そのような扱い」は、有り得ない訳ではあるが。いずれにせよ、リストが「ダンテ交響曲」の最後で「天国を描写しようとした」ものの、「不可能だ」というヴァーグナーの助言に従って「マニフィカト」を付すに留めた、そうした「学ぶべき前例」は、全く役に立たなかったようである。R.シュトラウスですら、「ここまで悪趣味」では無かった。)
なんとか盛り上がろうと努力する音楽は、しかし見事なまでの霊感の無さとルーティーン極まりない書き方によって、問題のタイトルを「貶めるには充分」な出来具合を示しており、彼としては手際の良い循環作法や、紆余曲折とまでも行かないまま予定調和的に辿り着く、ショスタコービチの「栄光の象徴」である「第5」や「第7」のエコーたっぷりの「終結法」も、いかにも感銘を与えない。(彼は、どうもシベリウスの「第2」とか「第5」とかいった「祝典的終結」を持つ作品をここで思い出しているようだが、特に「ニ短調ーニ長調」という調性も合致する「第2」のフィナーレが念頭から消えていないようである。彼はこの期に及んでも「参考」を必要としているのである。)
彼の交響曲としては「簡潔」ですらある見通しの良さも、目指したはずの「名人芸」の切れ味も感じさせず、ただひたすら、この作曲家が「既に終わっている」ことを確認させるまでである。
彼は自分が「交響曲」の「栄えある歴史」の一部であるとは、おそらく見なしていなかったのではあろうが、このようなものを「発表すること」自体が既に何がしかの「欠陥」がこの作曲家に存在することを如実に示しており(ロッシーニとかR.シュトラウスのように「戯作三昧」に耽ることが罷りならぬというのなら、それこそ、シベリウスのように作品を握りつぶし「沈黙する」手もあっただろう。もっとも、「戯作三昧」には「名人芸」が必要であり、「沈黙」には「審美眼」が必要であるが、彼には結局「不充分な持ち合わせ」しか無いのである。)、それはむしろ彼が年を経るにつれ「より強くなっていく運命」にあったようである。
一般に「誤解」されている最晩年の作品の「厳しさ」なるものは、痩せきったインスピレーションの「産物」であり、自己の作品に「甘い」傾向は何ら失われず、結果として、緩みきったタガによる脈略の薄い内容が、好意的に「意味深さ」と思われているだけで、ベートーヴェンの晩年と「比較する」など笑止千万、という出来具合であり、絶対的な「レパートリー不足」の恩恵に過ぎぬ。
前述通り、このような作曲家に今後「何かを期待する」のは無理なように思われるのだが、果たして「最後の一花」は訪れ、死を意識した作曲家が臆面することなく繰り出した一部の作品には、それでも「名誉挽回」に値するものがあり、交響曲では最後の三曲が、それにあたる。
それら全てが「最高」とするにはあたらないかも知れないが、少なくとも一つは「それに近づき」、残りは、少なくとも彼の作品では「高いもの」に属する。(以降、次回。)

ラベル:音楽
posted by alban at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御覧になられてる方にお知らせです。多忙、及び年末年始等の雑事のため、年明け(未定)までお休みします。
ショスタコービチの、「とりわけスバラシイ作品」に憔悴しきったのと、次からは「まともな作品の分析」になるものの、内容的にどうもこの時期に採り上げる気にならない、という点も含めてのことですが。
かなり早いですが、どうか良い年をお迎えくださるように。
またお会いいたしましょう。
Posted by Musikant/komponist at 2007年12月15日 21:06
お疲れ様です。しかし先行きは大分見えて来たようです。それにしても何故当局は、交響曲の支払額に拘ったかが興味深いです。要するに二、三番の傾向から、プロレタリアートの新音楽を追及出来なかったかです。プロパガンダの「森の歌」などはありますが、本格的に芸術を「進化」させる可能性は理論的になかったのかですね。どうしても、こうなると米国の傾向などと比較してみたくなります。

全く異なりますが、シュトックハウゼンの前衛などを考えると、ソヴィエトの文化的な課題もまさにパラダイスでのみ解決可能であったのかと思えます。

良い年越をお祈り致します。
Posted by pfaelzerwein at 2007年12月16日 02:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。