2007年11月24日

音楽の「言語性」とは?(136)

ショスタコービチの「交響曲第12番」の第1楽章は、見かけ上では「ごく一般的な交響曲の冒頭楽章」の姿形にも見える。殆ど「古典的」と呼べそうな「序奏付きアレグロ・ソナタ」を目指して書かれたような音楽は、「遅いテンポ」(モデラート)という程でも無い序奏の開始部と、「より速いテンポ」(アレグロ)による主部の第一主題が全く同一の素材に基づいており、その序奏自体も主部において再現させられる、という、同じニ短調によるフランクの「交響曲」という名作の第1楽章に倣ったような「フランキストまがい」の造りが見られる。(もっとも、このような手法は彼自身の「第8」とか「第10」でも見られたものだが、いつもの「緩い使い方」とは異なる「直接性」が「古典性」を感じさせるのである。)
そのためか、単に「外形」からこの楽章を見ると、彼の作品としては無駄の無い「良く書けた」もののようにも見えるのだが、「失当」と思われるのは、「革命のペトログラード」という物々しい題が付けられた音楽に期待されるべき内容と、このような「整った形式」が相容れないものであることであって(何の「事前勉強」も無しに、この楽章の「標題当てゲーム」をした場合、作曲者の与えたそれを答えられる者はただの一人もおるまい。)、何か思い出したように展開部ではめ込まれる、この交響曲でただ一カ所の「革命歌の引用」と思われるものも主要主題の「展開」に全く埋没しており、いずれにせよ「引用」そのものが目的の一部である前作「第11」とは大きく異なっている。
音楽自体は彼の作品を良く知る者にとっては実に「新鮮味の薄い」、既視感に満ち満ちたものとなっており、まず申し分無いようにも思われる処理法(例えば序奏と第一主題の外形が「全く同じ」であるために、「序奏の再現」が「第一主題の再現」と読み替えることが可能、という単純だが効果的な手法など)にも関わらず、冒頭モティーフの平凡さと、それとも関係付けられた、大きく取り上げられる第二主題の明るい音調の通俗性が(彼はどうしても先輩プロコフィエフの傑作「アレクサンドル・ネフスキー」、エイゼンシュテインの映画に付けられた、この輝かしい音楽と内容、そしてその成功が忘れ難いらしく、この交響曲のあちこちで「その余韻」を響かせているが、この主題とその扱いにもそれが感じられる。)示す通り、不思議なほど無意味な、「霊感無しに作曲する」という、ヴォルフがブラームスの「第4交響曲」をこき下ろす際に使った名台詞が思い出されるような「技術の空転」を感じさせる。(これは、常々「高い技術」を感じさせる訳では無いこの作曲家のことだけに、異例のことにも思われる。)ここで見られる、あまりショスタコービチらしくない「流麗さ」は、コーダにおける序奏の再現が全曲のコーダの「予告」を兼ねる、というアイディアに至るまで馬脚を現わさないが、以後の音楽は「標題的」な流れにも傾きがちで、このかっちりとした「第1楽章」を、かえって「異形」に感じさせることにもなる。(以降、次回。)
タグ:音楽
posted by alban at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68861094

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。