2009年03月28日

音楽の「言語性」とは?(161)

今後、いかなる時代になろうと、誰もが諸手を挙げて「傑作」呼ばわりするようなことにはならないであろうと思われるショスタコービチの「交響曲第15番」だが、既に述べたように、それは両端楽章が、どうも意図的に「そうならないように」作られているらしいからであって、中間の第2、第3楽章に(特に効果的な措置とも思えないが、アタッカで繋げられている。「内容上の必要性」というよりは、彼としては例えば「第8」でやったように、マーラー的な、楽章単位よりもさらに大きい「部」で区切る方法を想定したのであろう。)ついては、彼の「いつもの語り口」が聴かれる「問題の少ないもの」として受け取られるような出来具合にはなっている。(この「いつもの語り口」自体が、彼の場合、実に「問題」なのは、たびたび申し上げたとおりではあるが。)
第2楽章に比べて第3楽章がどう見ても三分の一以下の長さ、というのも「第10」の時の「短すぎた」という反省の弁が(あの時は第2楽章だったが)何の役にも立たなかったかと思わせるが、ともあれ、第2楽章の方は、彼の「晩年の世界」を尊ぶ人々にとっては納得の行くものではあろう。
開始の金管の狭い音程をすべる「コラール」と、続くチェロのソロによる跳躍音程の多い「モノローグ」との交替、という図式は、「第9番」の、独立させるには妥当でない第4楽章にそっくりであり、その情調は、前作「第14番」の第4楽章や、感傷的な第9楽章を思い出させる。
この部分は不定形に変形され、繰り返され、長々と引き延ばされて楽章の前半部となるが、中間部となると、今度は「第11」の葬送行進曲と「第6」の第1楽章の終結部の音調が絡められ、やがてトロンボーンで現れる「晩年の歌曲からの引用とされるもの」(これは「本当にそうであるかどうか」は例によって解らない。)が、「第8」とか「第10」の冒頭楽章の「クライマックスの作り方」で盛り上げられることで、これが結局の所、内容としては「いつもの第1楽章」の代替品であることが明らかになるのだが、「またかよ」という以上に積み重ねられる「自作のエコー」については、彼がここで「回想」をやっているとしか思えないもので、それは殆ど「コラージュ化」してしまっているために、実際にこの音楽が「シリアスな代物」なのかどうか、疑念を生じるほどである。
しかし、わずかだが「新しいもの」は存在する。ここでは何故か、「座標」を示すような、「他の世界からの響き」が時折侵入し、音楽をその都度静止させる。それは木管の高い和音と金管の低い和音が、前後の脈略無く対置される、ごく短いフレーズであるが、クライマックスを出し抜けに「召喚する」のが、まさにこの「和音」であるのは偶然ではなく、何か「意識外のもの」、もしくは「自然界の音」のような、不変、且つ変更不能な「何ものか」を示している。
これはマーラーではお馴染みの「異化効果」であるが、ここではむしろベルリオーズの「レクイエム」に出てくる、木管とトロンボーンの、上層と低層だけで鳴らされる、有名な「驚くべき和音」の効果を思い出させる。
そして、この「空間的な和音」は、フィナーレでも何度か現れ、今度は、全曲のコーダをも「召喚する」役割を担うのである。(以降、次回。)
posted by alban at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

音楽の「言語性」とは?(160)

グロッケンシュピール・ソロの二打ちと、何やら機械的な動きのフルート・ソロに始まる、ショスタコービチ最後の交響曲「第15番」は、彼がしばしば「拠り所」とした「マーラーの作品」をまたも思い出させる。それはここでは、もう冒頭から「第4」の、例の「お伽の鈴」とフルートによる開始を「なぞっている」ように見えるのだが、マーラーではそれが「導入部」もしくは「前奏」なのであるのに対し、ショスタコービチのこれは「まさに第一主題そのもの」であり、伴奏の弦共々、時折鳴らされるグロッケンシュピールの「合いの手」もそこそこに、薄いオーケストレーションのまま、不定形に引き延ばされ、延々と続く。これは、良く引き合いに出されるように、彼自身の「チェロ協奏曲第1番」の冒頭に酷似しているが、また同時に「交響曲第8番」第2楽章のトリオ部のピッコロ・ソロによる「わざと不出来に書いた」としか思えないような「調子外れ」の音楽と書法も内容も「ほぼ同一」でもあるのだが、その「第8」の当該部分と同じように、ソロがファゴットに変わっても、木管の音色が増えても、一向に威勢のあがる気配の無い音楽は、これが皆が期待するような「大音楽」ではないことを執拗なまでに強調して止まない。
いつもの「深刻ぶり」のかけらも無いこの「軽さ」は、しかし、彼の「第6」のフィナーレや、「第9」の第1楽章や第5楽章でもお馴染みのものでもあるが、ことに「第9」の「人を喰った」それとの類似は明らかであり、トランペットによる、「音色以外には全く対照性の無い」第二主題や、それに続く、「お決まりのリズムと音形」の「出自」を明らかにするべく現れる「ウィリアムテル序曲」の「行進曲」の(それも実に「何度も何度も」現れる!)「そっくりそのままの引用」とあっては、表向きは古典ぶった「第9」のそれよりも「気分を害する」向きも少なく無かろう。
こうなると、後に現れる「第2交響曲」を思い出させるクロス・リズムや、十二音ぶった「複雑な書法」も(実際には「こうした部分」に、「相当に力が割かれて」いる)「実効性のほど」は怪しく、確かにソナタ形式の枠を守っているとは言うものの、全体としては「興に任せて好き放題にやっている」ようにしか聴こえなくなってくるのだが、この「無意味な主要主題」と「露骨な引用」と「頭で書いた複雑な書法」が「メドレーのように並べられた音楽」は無論のこと「確信犯」なのであって、この「感傷無しに回顧的な音楽を書く試み」が成功であったかどうかはともかく、彼は「この後で何をやっても良い免罪符」を手にしたことになり、実際、この後の音楽も「そのように書かれた」のだ。(以降、次回。)
ラベル:音楽
posted by alban at 19:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。