2008年11月29日

音楽の「言語性」とは?(158)

二つばかり「余剰」もしくは「蛇足」とも思える楽章を連ねた後、ショスタコービチの「交響曲第14番」は、作曲者が当初から「結末」として考えていたであろう、二つの楽章に辿り着く。
第10楽章「詩人の死」と第11楽章「結び」は、ともに、ここで初めて用いられるリルケの詩に基づいており、動機的にも密接に結びつけられ(とは言っても既出素材の度重なる使用ではあるが)、第10楽章は冒頭楽章の「回顧」であり、最終の第11楽章は丁度、第10楽章と全曲に対して、テキスト上、音楽上での文字通りの「コーダ」を為している上、二つの声が「重唱」の形で用いられる、最初で最後の機会でもあるのだが、これらの操作によって、二つの楽章は連携した上で強固な「締めくくり」を演じることになる。
第10楽章では、全曲を開始したモティーフが、同様に単声でヴァイオリンに現れるが、冒頭楽章ではバス独唱が歌った音楽を、ここではソプラノ独唱が引き継ぐせいもあってか、一オクターヴ上げられ、続く独唱も(テキストのため付加が生じてはいるが)第1楽章のそれとほぼ同一の動きを半音高く(正確にはプラス二オクターヴだが)歌い、冒頭の暗さとは異なる、「影」のような、空虚な「希薄感」を漂わせる。
続いて現れる弦の和声的なモティーフも、主モティーフである「ドシドラ」音形に基づき、帰結感を高めるが、この後、第1楽章の終始続くピアノ乃至ピアニッシモの指示に対して、今度は二度のフォルテが設定され、その一度目には第3楽章「ローレライ」で「異世界からの声」を示した楽器であるヴィヴラフォンが寄り添い(但しここでは同時に用いられていた「天上の響き」であるチェレスタは除かれている。)、この楽章の「実質上のクライマックス」を示している。
しかし、二度目のフォルテへの道行きには、もはや低音弦しか付き添わず、凍り付くような「和声モティーフ」を最後に、主モティーフを奏でながら音楽は解体していくが、第7楽章の「奇跡の間奏曲」の音色である、弦のピッツィカートとコル・レーニョ、前回と全く同じパターンを叩くウッド・ブロック(音色の強化のためカスタネットが重ねられる)が召喚され、「間奏曲」の皮肉な余韻を簡潔に響かせながら、重唱が前楽章の「和声モティーフ」をなぞり、最終楽章が始まる。
スタッカートからレガートへとクレッシェンドしながら、声は「死は全能」という文字通り「総括」のテキストを歌うが、短二度、四度、五度といった「お決まりの動き」を示しながらも、用いられた詩同様の「象徴的な短さ」によって、「特別のもの」足り得ているのだが、終始一貫する第7楽章と同一のリズム・パターンを強奏して終結、と思われた後、最後の最後で突然現れる、リズムを細分化しながらクレッシェンドする不協和音は聴き手を大いに驚かせる。
この、取って付けたような「トーンクラスター」は、その暴力的な響き自体「死」を表現しているとも採れようが、作品の「完全な終結」を拒否しているようでもあり、いずれにせよ、作曲家が「物議を醸すこと承知の上」で書き記したものであろうが、彼の作品でこのような終結をしているのがこの作品のみであることを考えると、効果の賛否はともかく、「意味」は認められてよかろう。
こうして、彼の「最高傑作」は閉じられるが、自らの死を意識していた彼自身、これを「最後」と思っていたことは確実だろう。
しかし、彼はなお生き、「最後の交響曲」は、さらに書かれることになる。
だが、既に「こうしたものが書かれてしまった」以上、もはや方法は「変則技」しか残されておらず、実際、彼は「そうしたもの」を書く事になった。(以降、次回。)

タグ:音楽
posted by alban at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

音楽の「言語性」とは?(157)

ショスタコービチの「交響曲第14番」に用いられた十一の詩だが、通常ならばそうする例が多いだろう「一人の詩人のテキストで統一がされている」訳では無く、適宜選んだ上で(これもマーラーの「第8」「大地の歌」などの先例が影響している訳だろうか)、第1、第2楽章にロルカ、第3楽章から第8楽章までを占めるアポリネール、最後の第10、第11の二楽章にはリルケ、という具合にシンメトリカルに配置されている。
こうして「非ロシア」詩人の言わば「ビッグ・ネーム」が並ぶ訳だが、わざわざこのバランスを崩して、第9楽章だけにロシアのキュヘルベケルという、「この曲に用いられたので知っている名前」が出てくる。
「おお、デルウィーク、デルウィーク」という題で察せられる通り、この詩は圧政の犠牲となって獄死した友人の名を連呼して始まるもので、付けられた音楽も「ビッグ・ネーム」相手ではやりにくかろう「嘆き節」ほぼ全開、という所で、ここまで回避してきたはずの「感情に溺れる」音楽を披露してしまうのである。
直前の第8楽章同様の「蛇足」が、ショスタコービチの思う所の「必要性」で強行されている、という訳だが、彼は、打楽器を何故か省略した前楽章の楽器編成から、さらにヴァイオリンを引っこ抜き(これは次の第10楽章における最初の楽章のリフレインをヴァイオリン単独の音色で再現する為の準備でもあるのだが)、ヴィオラ以下を分奏することで、バス独唱の「嘆き」を際立たせる手段を用いている。
これは、今までさんざん使われてきた「例の音の動き」を「感情たっぷりに聴かせる」効果を発揮するが、このような「直接性」は、基本的には「既定路線上」だった第8楽章と比べても、明らかに異質であり、曲全体から「浮いてしまっている」のである。(これが重々承知の上で「意図されたもの」かどうかは、彼の「前例」からしても相当怪しい。)
結局のところ、この楽章は、彼によく見られる冒頭楽章の「再現部前」や「フィナーレ直前」の例の「モノローグ」の「変形拡大版」であり、要するに彼は「どうしても、こういう事をやらなければ気が済まない」らしいのである。
こうして満足した彼は交響曲の最初の段階を呼び出すのだが、このタイミングが、それでも「遅きに失した」結果にならないのは、全曲の結末の簡潔さがそれを救っている。
但し、それはかなりの割合で、リルケのテキストのおかげ、なのであるが。(以降、次回。)
posted by alban at 20:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。