2008年03月22日

音楽の「言語性」とは?(147)

ある作曲家の音楽を「聴き始める」時、大抵は「代表的作品」とされているものから入っていくのが筋であって、それはディスクを通じての場合でも、FM放送を頼りに聴きつなぐ場合でも(要するに「演奏会で取り上げられる頻度」と一致していることが多いので)同じなのだろうが、私が音楽に染まり始めた時分は、最近のように「全集ものセット」などというものが驚くような安価で手に入ることなど想像も出来なかった時代であって、限られた小遣いは当然にベートーヴェンやマーラーに(それも数ヶ月に一度)流れ、おまけに「お望みの音楽を揃えているような図書館」も無い、という具合だと、もっぱらFM放送で「本の上では知っている未知の作品」を心待ちにする他は無かった。
ところが、このような「偶然」に頼っていると、思わぬ「誤解」が生まれるもので、ブラームスを「第2交響曲」で知って「なるほど本に書いてある通りのすごい作曲家」と思い込んで興味を持ったものの、結局現在に至るまで「それ以上に感じられる作品」にお目にかかれなかった(一番がっかりしたのが「第1交響曲」で、書物上では存在する「偉大さ」は全く感じられなかった)時以上の「買いかぶり」をする羽目になったのがショスタコービチで、ご多分に漏れず「第5交響曲」で入った時は、「何となく荒っぽいがとにかく人好きのする音楽」と思って何となく納得した程度だったが、次に聴いた「第14番」には「これはすごい」とすっかり驚いてしまい、何とか機会を捉えては彼の音楽を聴いてきた。交響曲で言えば「第6」とか「第8」「第10」とかの気に入った作品はあったものの、「第5」で感じた「荒っぽさ」「仕上げのマズさ」はやっぱり感じたし、「第1」「第9」は何度聴いても「不真面目」に感じられ、「第15」も当初はそのような作品と思えた。ずっと経ってから聴くことが出来た「第13」と「第4」には「非常に合点がいった」が、「そのほかは論外」だった。勘違いかと思ってどれも何回も聴いたが(当時は誰でもそうするようにカセット・テープに録音する習慣が付いていたので)結論は同じで、その他の作品、協奏曲や室内楽にも、ちらほら「良い作品」もあるにせよ、彼の「交響曲」より「勝っているような点」は、格別、感じられなかった。
ブラームスの時は「うんざりさせられること」(とりわけ「いつまで経っても地べたを這いつくばっている」ような「徘徊趣味」)はあったものの「作品の出来自体にがっかりさせられること」は少なかったが、ショスタコービチでは、その「がっかり」が余りにも多く(「こんな作曲家を褒めそやす理由」に「政治的な問題が関わっていること」を理解する機会は与えてくれたが)、ベートーヴェンやマーラー、ヴァーグナー、ハイドン、それからシューベルトやシューマン、ドヴォルザーク、ベルリオーズなどの「比較的良く耳にする作曲家」の中で、どんどん「ランキング」は低下していき、後から聴いたシェーンベルク、ベルク、ウェーベルンは勿論のこと、ドビュッシーやラヴェル、ルーセル、オネゲルなどのフランス系やバルトーク、コダーイ、ヤナーチェク、シベリウス、英国ならウォルトン、ヴォーン・ウィリアムズ、ブリテン、米国のバーバーやバーンスタイン、同じロシアならプロコフィエフやストラヴィンスキーなどを知るにつれ、彼の「相対的順位」は、文字通り「底なしに」下がっていくのだった。(そして、それは今でも「下がりっぱなし」である。)
このところの「メモリアル・イヤー」とかで彼の音楽が注目された折、丁度このページでも「順番」が巡ってきたので敢えて集中的に取り上げてみたものの、特に「新たな発見」も無く、かえって「ボロ見え」の連続でいい加減にイヤになっていたが、ようやく「第13」に続いて「第14」に辿り着き、かつての「スゴイ作曲家」が、ここでは健在なのを再確認して、安堵した。
ここでの彼は、まるで別人のような集中力を見せ、彼の「交響曲」としても長い部類の一時間弱を、「大地の歌」を思い出させるような二人の独唱者の起用、弦楽オーケストラと打楽器という変則的な編成からは想像しがたいような深みと幅のある響きを引き出し、見事に持ちこたえてみせる。
これは疑いない彼の「最高傑作」であって、彼にはいつも見えていた訳では無い、個人的ヴィジョンを超えた「高み」の感触を、「死」というシリアスこの上ないテーマを通して見せてくれる。
傑作とは言え、彼のこれまでの作品の「エコーたっぷり」の「第13」と比べても、まるで突然変異のような「絶対性」をもって響くこの「第14」は、その「救いの無さ」共々、晩年の彼で無ければ書けなかった、しかし一度限りの「最高傑作」なのであった。(以降、次回。)
タグ:音楽
posted by alban at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。