2008年02月23日

音楽の「言語性」とは?(143)

ショスタコービチ「交響曲第13番」の第2楽章には、彼の交響曲では多くみられる通り「スケルツォ楽章」が配置させられているのだが、前回述べたように、いつもの「場面転換」的な意味とはやや異なり、いわば「再起動」が主眼とされているため、音楽は彼得意の「ひねくれた調子」より「もっと芝居がかった」、オペラの一場面のような喜劇性が強調されるものとなっている。
無論、それはテキストの流れに沿った形で行われているのだが、その身もふたもないタイトル「ユーモア」に即して、かなりパロディックであり、彼が若い頃から好んでいた通俗音楽の調子(かねてから、「スケルツォのトリオ部」などには良く用いられているのではあるが)や民俗音楽、「第11番」をでっち上げるきっかけにもなった「革命歌」の引用まで飛び出して、これらが楽章全体を覆い尽くす。
これらが、いわば「庶民の音楽」を意識した結果であるのは確実であって、彼自身の「いつもの調子」の出現も含め、その「意図する所」は明らかであろう。
(ここでの、「やや度の過ぎた」筆致や、彼独特のキンキンした管弦楽の音色も、声楽の「渋い音色」で幾分中和される上、その音色が「皮肉っぽさ」も強調する効果も生み出している。)
声楽部の扱いは、ここでもムソルグスキーの「影響」が良く指摘される所で、例の有名な「蚤の歌」とも根本的に共通する所のある詩の内容(擬人化された「ユーモア」が、権力やその暴力にも屈しない自由闊達さで暴れ回る、といったものだが、処刑場に引かれていく、という点も含め「ティル・オイレンシュピーゲル」を思わせる点がある。無論、R.シュトラウスとは違い、ここでは「逃げおおせる」のではあるが。)もあってか、誰が聴いても「彷彿とさせられる」類のものである。
ともあれ、詩に沿った進行のため、通常の「スケルツォ」の形式は「下敷き」程度のものに留まっているが、「無声のコメディー映画の伴奏音楽」のようなそれは、冒頭から「音楽的滑稽さ」の羅列であり、木管のハ長調の和音に続いて現れる弦のユニゾンによる「des-ges」の遠隔調の動き、変ホ長調と思われる音階的上昇の反復、変ホ短調の下降分散和音、固執されるハ長調和音の繰り返しと続く「空中分解のような開始」は、結局「得意のギャロップ調」になだれ込むものの、その先も同音反復ばかりのぶっきらぼうな独唱、かけ離れた音程での合唱の入り、という具合に、「脈絡の薄い要素」の「唐突な併置」というハイドン以来の「大原則」を忠実に守っており、それは歌詞など無くとも「そのようなもの」であることは明らかに解る。
(この「解りやすさ」はショスタコービチの音楽では「むしろ異例なもの」で、交響曲の「スケルツォ」では「第5」のそれがやや近い。ここでは詩の流れに「添う」関係で、「形式」が極めて曖昧だが。)
以後、ワルツ調(それこそ「第5」を思わせるソロ・ヴァイオリンも出てくる。)や、冒頭楽章の開始をもじった民俗音楽調の部分、という具合に続くが、この後で現れる印象的な管弦楽の「やや長い間奏」は、彼自身の「同じような歌詞を持つ歌曲の引用」とされ、それは「間違いなくその通り」なのだが、「裏読み」が過ぎるのかどうか、これを曰く付きのバルトーク「管弦楽のための協奏曲」の例の第4楽章、「第7交響曲」を茶化したという音楽に出てくるメランコリックな旋律の「もじり」だという「説」があるらしく、これについては作曲家がそれと言明していない限り(仮にそうだとしても言わないとは思うが)「眉唾」としておこう。確かに「その一件」以来、「バルトークの音楽と思われるもの」が彼の作品に「強迫的に」現れるのは述べた通りだが、これも繰り返す通り、彼の「フィルター」は「かなり甘い」のであって、「過去に聴いた音楽」とか「書いた音楽」が容易に、無意識に「新作に入り込む」確率が高く、「本当にそうかどうか」は、ただ「本人がそのつもりだったかどうか」の一点にかかっているため、真実はまさに「霧の中」なのである。(それに、そもそも当のバルトークの「メランコリックな旋律」自体が、「ハンガリー人なら誰でも解る引用」の類らしいことには触れておこう。そして、「バルトークの」ならば「こうしたこと」は間違いなく「確信犯」なのである。)
ともあれ、これは額面通りの「ふざけた間奏」と採るべきであろう。
「引用の解釈」は「実際の音楽」よりも「それを立派に見せる」危険があり、繰り返す通り、ショスタコービチの場合では、「本当に買いかぶり」である可能性が相当に高い。
ともあれ、ドイツ流の「フモール」とはかけ離れた「乱痴気騒ぎ」は、その旋律と共に、彼の若い頃の闊達さを思い出させながら、目出たく「打ち上げ」となる。
そして、これを最後に、彼はこのような「陽気な音楽」を書かなくなるのである。(以降、次回。)

タグ:音楽
posted by alban at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。