2007年10月27日

音楽の「言語性」とは?(132)

ショスタコービチが、その「交響曲第11番」において意図したものは、確かに「過去の革命への過程における犠牲者達への追悼」であったのかも知れないが、この作品の「中心楽章」として作られた第2楽章の出来映えを見る限り、その「重いテーマ」、「課題」に対して、彼が「どれだけ真剣に向き合ったか」については、どうにも「疑問」を感じざるを得ない。
毎度お馴染みの「ボタンの掛け違い」の中でも、これは彼の全作品を通じても「最も強烈な一発」であって、作品は「暗いトーン」であるものの「自分は躁状態」の作曲者は、「第7」の時以上に「万能感の虜」であって、「大量虐殺」を「音画的」に描こう、という突拍子も無い考えにとらわれ、これに真正面から取り組んでしまう、という、「断頭台の場面」をパロディックな形でしか描かなかった、ベルリオーズやR.シュトラウスですら「やろうとしなかったこと」を、こともあろうに「交響曲の中心」に置いてしまったのである。
それは確かに「力作」なのだろうが、まるでレスピーギの「ローマの祭」のような音響で描かれるそれは(この楽章がレスピーギの「チルチェンセス=Circenses」、暴君ネロがキリスト教徒を猛獣に喰わせた、という「見せ物」を描いたという音楽と「どれほど隔たっていないか」を知ると、また、それぞれの作品の「スタンスの違い」について考えると、全く驚かされる。これは「酷似」とも呼ぶべきものである。)「民衆の嘆き、叫び」を描く筈の「革命歌」が、ここでは主要な二つともが「自作の合唱曲の旋律」であることも相まって(「十の詩曲」の中の「1月9日」という、同じ題材に基づくものではあるが)、作曲者の「暴走」の感を強くさせる。
彼は「神のごとく」、「その情景」を描こうとするのだが、このような「本来的には深刻であるもの」を「写実的に音楽化する」のは「一種の定型」でもあって、一連の「戦争描写作品」、ベートーヴェンの「ウェリントンの勝利」とかチャイコフスキーの「大序曲1812年」とかの有名作もあるが、いずれも「ドンパチ系」の「御目出度い機会音楽」であり、音楽オモチャである「自動演奏器」用に書かれた前者や(別名「戦争交響曲」の題が示す通り、ベートーヴェンが「遊び半分」なのは明らかである。)、作曲者が依頼を断りきれず書き「後で恥じ入る」はめになった後者とは、「自ずから事情が異なる」のは明らかで(ショスタコービチにも幾分か「そのような意図」があったかも知れぬが。)、そもそも、「このような時点(完成は1957年)」で「このようなもの」が書かれている、という事自体が充分以上に「イカれて」いる。(困ったことには、彼は先人達の「機会音楽の事例」を充分に承知しているらしく、あまつさえ、「軽い」と評判のレスピーギの代表作の音楽絵巻における「効果的なオーケストレ−ション」も忘れられないようですらある。)
かくて、題材の「差」もあってか、大戦後、日本を手始めに各国の作曲家がこぞって書きたがった「原爆音楽」における、破滅的、絶望的な音楽とは決定的に異なる「音画」が描かれ(「原爆」をテーマにした音楽は、その「あまりに想像を絶する」悲惨さのためか、このような「描写」を「全く許さない」面があり、「エノラ・ゲイから原爆が落とされる光景」や「キノコ雲の様子」を「音画化すること」が「可能以前の問題」として、そもそも「全く非難に値する」ことは、「このようなテーマ」に引っ掛かる作曲家にとっては、無論「自明の理」であった。)、「功成り名を遂げた」作曲家が残した作品としては、まさに「愚の骨頂」としか言いようのない結果をもたらした。
これは彼が「R.シュトラウス」だったとしても「失敗して当然」の試みであり(もっとも、根っからの「エンタテイナー」であるR.シュトラウスが、このような「喰えないアイディア」に「うつつを抜かす」とは考えられないが。)、三連符系の「民衆」と二連符の「皇帝側」で書き分けられる「人々の様子」や、大音響の「当該シーン」、「虐殺の後の静寂」が、ご丁寧にも短調化された(しかしあまり効果的ではない)曲頭の「宮殿前広場」の音楽で戻って来る楽章の終結まで、文字通り「映画に合わせて作られた音楽」であるプロコフィエフの「アレクサンドル・ネフスキー」(フィルムのコマ割りにぴったり合わせて作曲されている)さながらに響く「交響曲」は、「もはや修復の効かない」裂け目を作ったあげく、後続楽章に「責任」を押し付ける。
そして奏でられる次の「葬送曲」は、我々には「ロシア民謡」にしか聴こえない「革命歌」を「まるまる引用」して始まり、それが「当然の流れ」とは言え、またも「唖然とさせてくれる」のである。(以降、次回。)

ラベル:音楽
posted by alban at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。