2007年09月29日

音楽の「言語性」とは?(128)

ショスタコービチ「交響曲第10番」第3楽章は、晩年の彼が、そこかしこに頻繁に用いることになる彼自身のイニシャルに基づくモノグラム「d-s-c-h」が「交響曲」という晴れ舞台に初めて、かつ最も「大々的に」、「露骨に」用いられている例として知られている。
この音形が半音進行を二つ組み合わせた「彼好みの響き」を持っていることや、「並べ替え」で音階的にも使えるなど、色々と「利便性の高い」ものであることは確かだが、彼がこれを用いる時は、あくまで「絶対音高」は守られ、「その意味」について過剰なまでに確保されるのが常で、「隠された形」で現れる時は、彼がそれについて「意識」しておらず、むしろ、あまりにも頻繁に用いるため「放っておいても出て来てしまう」状態であることによることが多い、とも考えられる。(しかし、この「第10」では「意識されて」おり、曲頭の「基本動機」にも、音高、順列は違うが、確かに含まれている。それにしても「計画的」である割には、第3楽章での「d-s-c-h」の利用の仕方は「かなり異常」であり、露骨に強調され過ぎている。)
このような「操作」では、大バッハやシューマンの例が有名であるが、この類の事に「本気になる」作曲家は稀で、むしろ「遊び」の領域であることが普通であり(シューマンにおいてもそうである)、バッハ(「b-a-c-h」)のように、その時代性や、姓の綴りの全ての文字が美しく音名化出来る(「d-s-c-h」は名前をドイツ語読みした上で「音名化出来るもの」を都合良く拾ったに過ぎない。省略されているのは、少なくとも「a」と「cーh」の繰り返しが見いだされ、彼はおそらく意図的にこれを「b-a-c-h」に似せているのだと思われる。)、という「特殊事情」が無いにも関わらず、「シリアスな作品」の中に、ショスタコービチのように頻繁に「このようなもの」を持ち込もうとした例はちょっと他には見いだし得ない。
この「d-s-c-h」素材の乱用によって、各作品は当然に「音調が接近して来る」訳で、普通、作曲家が余り「このようなこと」を繰り返さないのは、これを避ける為にも当然なのだが、ショスタコービチの例は完全に常軌を逸しており、殆ど「強迫観念」に基づくものとすら感じさせる。
この「d-s-c-h」動機は、素直に取れば「ハ短調」とするのが「最も自然」で、この第3楽章では、後の「弦楽四重奏曲第8番」と同様、その「ハ短調」として解釈しているが、この調の選択は交響曲の主調「ホ短調=ホ長調」からすると=前楽章の「変ロ短調」の続きとしても=異例であり(もっとも、ベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第3番」のように、ハ短調の曲にホ長調の中間楽章を置く例もある。)、いささか「本末転倒」を生じているが、この措置は、交響曲の「本来の筋」をも歪めている。
開始からいきなり出る第一主題では「c-d-es-h」という形で、交響曲の開始を音高と表情を変えて「なぞった形」で用いられるが、続いてワルツとして現れる第二主題では「d-s-c-h」そのままとして、彼の「癖」である同音反復で入って来る。いずれにせよ「旋律の出来」としては褒められたようなものではなく、かえってそれが「意味ありげな感じ」を誘うのであるが、第2楽章のイカレた「暴走」の後での、音の薄く、曖昧なテンポの中での「はっきりしない感じ」は、トリオ部でのマーラーの「大地の歌」の開始のホルンの咆哮をそのままコピーしたような「e-a-e-d-a」という、単声で信号のように繰り返される動機が現れるに及んで、さらに増幅される。
この動機そのものは明確で、且つフォルテで提示されるにも関わらず、その余りにも「造作の無い」「脈略の無い」唐突さによって聴き手に「意味」を考えさせずには置かない。(そして、これが彼の「愛人」だったかも知れぬ「教え子」のイニシャルのモノグラムと知って、呆れ返ることになる。似たような事を、アルバン・ベルクが、その「叙情組曲」で、「複雑に」「露骨でなく」、しかも音楽的、内容的にも「何も失わない」形で行って見せたが、ショスタコービチが「これを知らぬはず」は無かろう。)
意図的にせよ、「交響曲」の中で、このような「スカスカな音楽」に出くわそうとは夢にも思わぬ聴き手も多かろう。(これを「意味深い」とする優しい聴き手も存在するらしい。)
この楽章を「理解する」ためには、このような、本来的でない「予備知識を役立てる」ほか無いのであって、それは第2楽章のどうだか解らない「スターリン」よりも「はるかに重要」なのだが、果たして「そのようなもの」が「交響曲の一部」として書かれていいものか、疑問が残る。
第1楽章では、彼の「正規な路線」に基づいて「比較的公汎なヴィジョン」が示されたにも関わらず、この10分にも引き延ばされた「イニシャルが併置された音楽」は、ともかくも「集中度」によって「特別なもの」として交響曲を「続ける」ことには成功した第2楽章を経て、その気難しげなポーズもろとも、すっかり位相を「個人的なレヴェル」に「引き下げて」しまい、そのため交響曲全体のバランスを狂わせてしまう。
このためにフィナーレは「問題」ともされる「長過ぎる」「暗い序奏」を必要とし、この交響曲で初めて現れる「まともなアレグロ」の登場を遅らせることになる。
この楽章にもマーラーの「第9」の第2楽章の影響を受けた部分が感じられるが、「お手本」ほどには「大交響曲」の面目を保ちきれないようである。マーラーの夢想的なレントラーは、自意識過剰の空疎なワルツにとって代わり、「大地の歌」への「オマージュ」と思しきものも、実際には全く関係のない作曲者の「思い入れ」と結びつけられている。
おそらく、彼はその「イニシャル」が「大地の歌」を思わせるものだったので「引用のように扱った」だけなのである。(以降、次回。)



ラベル:音楽
posted by alban at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

音楽の「言語性」とは?(127)

ショスタコービチの「交響曲第10番」の第2楽章が、他の三つの楽章に比して「違和感」を感じさせること、とりわけ、長大且つ内的な冒頭楽章に直接続くにも関わらず、その「強過ぎるコントラスト」に対して何の「緩和措置」も取られず、出し抜けに始められる、バレエ音楽か劇音楽の一部のような性格と「ショウ・ピース的」な派手な演奏効果を持つその「荒れ狂う音楽」は、いつもは「無駄な長さ」に傾きがちなこの作曲家が、こともあろうに「別に必要でもない」この個所で発揮した「短さ」(もっとも所用時間の短さはテンポ設定の速さに起因しており、「短さ」自体も相対的なもので、前作「第9」ならば「普通」であって、4分程度の音楽の「実質」も、せいぜい2分程度でまとめることが可能な「情報量」である。かといって「気の利いたエピソード」が挟まれている訳でも無く、これは主として楽章後半部が異常に引き延ばされている結果であり、例によって「無駄」を探す事は極めて容易である。)と共に、その交響曲全体との「バランスの悪さ」「据わりの悪さ」については、発表当初から非難が加えられてきた。
前述通り、作曲家も認めたこの「欠点」を是正する措置は何ら講じられず、作品はそのまま残されたが、「改訂」はともかく、彼が「別の音楽」を書かなかった理由は明らかで、この「いかにも他から持って来たような音楽」(もしかすると「第10」構想前に彼が計画していた「オペラ」の素材などを利用した可能性もあるが)は、しかしあくまで「交響曲」の一部としての「バランス」と「モティーフ操作」を考慮したもので、(ホ短調、四分の三拍子のゆるやかな第1楽章に対する「ロ短調でない」変ロ短調、四分の二拍子の急速な楽章、次にハ短調のミディアム・テンポの四分の三拍子によるスケルツォ、というのは「どうも一貫性が無い」にせよ)楽章の開始から繰り返される低音部の短三度進行と上声のディアトニックな「民謡風な旋律」という構造が、前楽章のそれを「なぞったもの」であることは明白でもあり、このような点では「続きとして」申し分無い、とも思える。
果たして「計算違い」は、その「キャラクター付け」にあり、善かれ悪しかれ話題に登らぬ訳にはいかぬ、例の「ショスタコービチの証言」での、この楽章が「スターリンの肖像」である、という「作曲者の言葉」を納得させてしまいかねないような、「カリカチュア」を思わせるような、一筆書きの「荒っぽさ」や、歯止めの利かぬ前進性、要するに何か「具体的な説明」が無くては解釈が難しいような極端に過ぎる「ぶれ方」によって、「何か別のものをここに嵌め込んだような印象」が交響曲全体の解釈を難しくしているのである。(このもっともらしい「スターリンの肖像」云々については、この曲の成立事情からしても「ありそうなこと」にも思えるが、仮に「それが本当」だとしても、むしろ、この作曲家が後日になって「意味深な発言」を残す事で、「作品の不備」を「実際に手を加える事無く補正」し、「正統化」し、当初から存在した訳でもない「付加価値」を与えようとした、いけ好かない「悪癖」の一例、として「聞き流すのが正解」であろう。)
この「行き過ぎ」の印象は別の理由からも発生している可能性があり、「もっと単純な問題」、即ち、この音楽が具体的に「他の作曲家の作品」をイメージさせる点が少なく無い点、例えばベートーヴェンの「弦楽四重奏曲第13番」の第2楽章に置かれた同じ変ロ短調のごく短いプレストの音楽との類似性や、ストラヴィンスキーの「春の祭典」(第二曲)との、「丸写し」のような類似(シンコペートされたリズムとアクセント付け、「民謡風な旋律」など)、バルトークの「管弦楽のための協奏曲」のフィナーレのエコーが「トラウマのごとく」現れる、という具合で(他にはプロコフィエフやチャイコフスキーも想起させられる)、「短い割には忙しい」こと甚だしい。
ことにストラヴィンスキーへの類似は、この楽章が指向したと思われる「暴力性」の描写と思われるものが、「春の祭典」の、いわゆる「原始主義」への連想と「安易にも結び付いた」と感じさせる点で、「このような立派な作品」としては、実に具合がよろしく無い。
特に開始部分の与える印象は決定的で、後の進行がいかに異なる、と言っても、「元ネタ」を知る者には「露骨な劣化コピー」として響くため、致命的である。
各作曲家の「派手な部分」を「てんこ盛り」にしたような音楽は(まさか「そういう意図」ではあるまい)、後半部で弦が駆け回り、金管が吠えまくる場面を延々と続けることで「ヴィルトゥオーゾ・オーケストラ」向きの「ショウ・ピースと化し(まさかカラヤンはこれが理由で「第10」を採り上げたのではあるまい。無論、これを「この上なく見事に」演奏してはいるが。)、逆に、グリンカの「ルスランとリュドミュラ」序曲とか、バーンスタインの「キャンディード」序曲のような派手で明るい「オーケストラ的快感」すれすれのものとなる。
まるで「図書館に暴れ馬が飛び込んで来た」ようなこの楽章は、終わった後の「緩和措置」も勿論取られぬまま、「極めて個人的な内容」のために「私物化」される交響曲の後半部に対しても「断層」を生じたまま、「放置」される。
中間楽章の構成がマーラーの「第9」の逆のような順番になっていることは既に述べたが、彼はマーラーの「ロンド・ブルレスケ」に「何か学ぶ」ことも出来たはずである。(以降、次回。)
ラベル:音楽
posted by alban at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

音楽の「言語性」とは?(126)

ショスタコービチ「交響曲第10番」の第1楽章は、彼の数ある交響曲の冒頭楽章として最も優れたものに属するが、構成や主題の性格等において、「第5」のそれ、その「作り直し」である「第8」のエコーが感じられるがものの、それらに比しても、規模、内容のバランスが最も妥当であり、彼にありがちな「不当に長い」印象も与えない。
「ソナタ楽章」といえども「緊密な造り」というより「興に乗って流れがち」なこともある彼のこの種の音楽の中でも、これは「ベートーヴェン的」に「微細な動機を利用して大規模な構造を組み上げようとした」一例であり、この点では「純音楽的傾向」も認められる。
とは言え、ベートーヴェン風な「構えの大きさ」は無く、むしろ極めて「内向的」なもので、このため、彼がしばしば陥りがちな「劇的効果」への依存、とりわけオーケストレーションによる「演奏効果」と音楽自体の「内的なテンションの高まり」を同義のものとしてとらえる悪癖からは遠ざかっている。(従前と似たような書法ではあるとしても。)
この「第10」については既に多くのことが語られ、「詳細な分析」というのも存在しているらしいので突っ込んだ所までは立ち入らないが、とにかく目立つのは冒頭の「モットー動機」とも呼ぶべき六つの音符(e-fis-g-dis-fis-a)が全楽章に渡って様々に利用されることで、これが、そもそも彼が好んでいる音程とか動きに基づいているとは言え、その徹底ぶりは注目すべきであろう。
この動機自体は「第8」の時のような強い性格は持っていないが、曖昧な感じでありながら、その三拍子の律動(テンポ感としては六拍子ないし十二拍子に近い)と共にオスティナート風の「下地」を作っており、これが楽章全体の基調を為していること、様々な要素が現れるように見えるものの、それらの素材も「モットー動機」から派生したものであること、例の「モノローグ」のような「感情的な処理」が避けられていることなどが、この楽章の「統一感」を強いものにしている。
開始はショスタコービチの全作品の中でも特に見事なもので、最初の数小節は、それこそ「ベートーヴェン風」に論理的でもある。(この冒頭については、チャイコフスキーの「第6」の開始と音の高さ、音形がまるで一致していること、休符を挿んで途切れ途切れに奏される形がリストの「ファウスト交響曲」に酷似していることが指摘されており、「何らかの関連性」の存在があるとされているが、それに賛同する。)どちらかというと「明快な開始」を好む傾向が強い彼としては珍しい書法であるが、これは「第5」「第8」の「劇的な開始」が静まった後の「オスティナートに乗って現われる静かな主題」の延長であり、「全く新しいもの」ではない。
但し、それらと違って「オスティナート」自体が「基本動機」であるため、これは持続力を得ており、繰り返しも含めて、これだけでかなりの時間を要する。後から現われる「クラリネットの主題」は、本来的な意味での「第一主題」ではなく(丁度、ベートーヴェンの「第3」フィナーレの「プロメテウスの主題」のように)「二重構造」の一部なのである。
その「主題全体」としては、音階もしくは分散和音を基調にしているが、不定形に基本動機を巡る低音部と、クラリネットの息の長い「民謡風」は旋律は「不可分」と言うよりは「緩い繋がり」を示しており(クラリネット主題自体、低音部の長い持続を模倣したものだが)、どちらが「主体」かも曖昧で、この「二重構造」のために「第5」や「第8」の、似た感じの主題のようには「感情移入」を誘うような性格のものでは無くなっている。
こうして生成される「客観性」は続く「小展開部」的な経過部でも同様で、動機的分解を連続させて高潮を作る事で持続される。
(「第10」における「二人称」的な語り口はこうして保証されるのであるが、これは以後全曲に渡って維持される。)
第二主題提示前に第一主題が回帰するのは彼が良くやるパターンで、このため形式的規模は増大するのだが、「第10」では冒頭から動機の反復を積み重ねるために、さらに「充分以上」を超えており、これを「提示部の反復」のように感じさせる上、感覚的には「展開部」の始まる位置に第二主題がおかれることになる。(いずれにせよ、冒頭の雰囲気や、第一主題の再現というものは「形式的な区切り」を感じさせるものだが、彼はこの点についてはあまり頓着していないようである。)
このため第二主題では雰囲気を変える必要があり、冒頭からの四分音符による三拍子の律動は消え、今度は八分音符の刻みを主体とする(但し休符を挿んで動機を反復する構造は同じである)、彼好みの同音反復を多量に混ぜ込んだものとなる。これも「モットー動機」にまつわるものであるものの、そのリズムと伴奏が示しているのは「ワルツ調」(それもピアノで弾くような)で、その吃るような奇妙な動きとぶつ切れの進行によって歪められている。
二つの主題は同一の素材を書き分ける形になっているが、音楽はエピソード的な要素を殆ど交えないまま進み、展開部でもこれらを交互に発展させることで対照が築かれ、彼の交響曲でも最も充実した「展開」を見せる。とは言え、これも「第5」「第8」の延長線上のもので、三拍子であるために例の「行進曲」こそ現われないものの(そもそも「第10」には「軍隊的な要素」が、その性質上からか用いられない。)、大まかな進行にはかなり「既視感」がある。
特に展開部の終わりをクライマックスとして再現部の開始と重ね合わせるやり方は同様で、これが「この路線」の「結論」的性格を有しているとは言え、やや「パレットの少なさ」を感じさせる。
但し、ポリフォニックな処理は充実しており、前述通り「モノローグ」による「感情的な補充」を不要にしている。
短縮化された第二主題の再現で「雰囲気を戻す」方法も同じだが、今回も静かに閉じられるコーダは、「第5」のソロ・ヴァイオリンやチェレスタ、「第8」の弦の和音とトランペット、という具合に「意外な音色」で「特化させる」方法が採られ、「第10」ではピッコロに委ねられる。
これはマーラー「大地の歌」の最終章に現れるフルートを彷彿とさせるが、ここでは「寂寥感」というよりは文字通りの「寒々とした空気」を伝える。(「引用」というのではないが、この類似は意識されたもののようにも思われる。)
それは「終止」というよりは「静止」、もしくは途切れるような結びで、冒頭の雰囲気を呼び覚ましながらも、明らかに「局面が推移した」こと、しかし何ら「解決」は訪れないことを仄めかす。
何がしかの「外的な力」に歪められるというより、「決定的な事」が「内的にしか起こりえない感じ」が、こうして確立され、ショスタコービチの「第10」は、その最も重要な一章を閉じる。
この気分は早くも第2楽章で破壊されるように見えるが、有名だが問題の多いその音楽は、おそらくは、この交響曲の「構想以前の音楽」を利用したようにも思えるほど、違和感を感じさせる。(以降、次回。) 
ラベル:音楽
posted by alban at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

音楽の「言語性」とは?(125)

「交響曲作家」にとっての大問題であった「第9」を=「作品の出来そのもの」はともかくとしても=「シンフォニエッタ風」に受け流したために、あちこちでひんしゅくを買ったショスタコービチであったが、この「行為」が、自分の「交響曲の書き納め」と思っていたかどうかは怪しいにせよ、やはり即座に「未知の領域」である「第10」に着手する訳ではなく、多作家の彼にして最大の八年という「空白」が、この間に横たわることになった。
さりとて、たびたび「第10」について考えを巡らすことはあったにせよ、ブラームスのようにその間ずっと「第10」のスケッチを「いじくり回していた」訳でも無いらしく、前作で「スターリン拒否」の態度を貫くあまり「おふざけ」とも見なされる態度をとった彼が、その独裁者スターリンの「死」をきっかけに、直前まで「オペラを書く」と公言していたにも関わらず、急遽「第10」の構想に及んだのが明らかであるらしいことが知られている。(これに関連して、例の「ショスタコービチの証言」には、この曲の第2楽章を「スターリンの肖像である」とした「怪しい記述」がある。)
それが何がしかの「記念碑的作品」という訳にもいかなかったのは当然としても、ともあれ、それは彼に「第9」での「不誠実」とも感じられるような態度とは打って変わって、本来その「第9」に期待されていたような「そうあるべき姿」、即ち「真にシリアスで」「モラリティの高い」交響曲を書こう、とする姿勢を呼び出す事になった。
しかし、それはベートーヴェンのように「広いヴィジョン」という方向にはならず、彼の交響曲で最も「内向的な性質」を持ち、さらに後半二楽章では極めて「個人色」が強い、という、「内容的な深まり」というよりは「謎のような」、そして後年お馴染みとなる「不機嫌な暗さ」と共に、彼の「晩年のスタイル」を最も公に示す端緒となり、発表当初から論争をまきおこした。
その「あまりの暗さ」は、「社会主義リアリズム」にとっては「第9」の件とは別の意味で「困ったもの」であり、この「高名な作曲家」を何とか弁護するため、「悲劇は肯定的」とか「実は楽観的」とかの、かなり「こじつけがましい意見」が出されもしたらしい。(これに関連して、重く暗い先行楽章の世界から「カードを裏返す役割」を担う筈のフィナーレが「あまり肯定的な印象を与えない」点もネタになったようである。)
彼の交響曲の冒頭楽章としては最も出来の良いものの一つである第1楽章は「第5」「第8」のそれと同じ線上のものであるが、これに短く急速なキャラクター・ピースのような第2楽章が続いて強いコントラストを作った後、比較的ゆっくりしたテンポによるワルツ風でもあるスケルツォとなり(この中間楽章の配置はマーラーの「第9」のそれを逆にしたようなものである)、全曲で最も遅いテンポによる長い序奏(この序奏にチャイコフスキーの「第6」やマーラーの「第9」の影響が感じられることは既に述べた)に始まるフィナーレに至る、という図式は、四楽章構成とは言え変則的だが、これに前述の「個人的な内容」が後半二楽章に入り込むため、またも「内容の変化」「不一致」が発生することになり、この著名な作品が当初の「論争」から未だに抜け出せない一因となっている。
この「バランス」の悪さは、第2楽章のあっけない短さや、「肯定的な印象」とも深く繋がる、フィナーレの「暗く長い序奏」に対する「主部」アレグロの長さが「充分でない」点に顕著で、これについては作曲者自身、例によって「こう書けてしまったのだ」という言い方で認めている。
しかし(「第7」の時の乱痴気騒ぎほどでは無いにせよ、この曲も発表当初から異常な注目を浴びており、作品の「一人歩き」が先走ってしまったという事情もあるが)、彼の交響曲で最も「理知的な傾向」を持つ、とも見えるこの曲にあっても、それらの「欠点」を是正するような試みはまたしても行われず、これらの「問題点」は、そのまま残された。(作曲家にとっては常に「新しく作る方が楽」だとしても、これは一種の怠慢のようにも思われる。「本当に必要だったかどうか」に関わらず、強迫的に改訂を繰り返したブルックナーとは本当に好対照である。)
ともあれ、そのような「不備」と長さ、重苦しい内容にも関わらず、この「第10」は「軽くて時間が短い」という逆の理由で良く演奏された「第9」と並んで、ショスタコービチの交響曲でも早くから「良く聴かれるもの」となり、最も有名な「第5」ほどでは無いにせよ、同じような造りにも見えるその「第5」以上に「彼の作風を良く伝えるもの」として残ることにはなった。(以前にも述べたが「第5」に見向きもしなかったカラヤンが「第10」だけを何故か二度も録音している。)
この曲は「第5」のように「大向こう受けするフィナーレ」を持つ訳でも無ければ「戦争三部作」のようなシリアスさと陳腐さが綯い交ぜになったような、奇妙に解り易い「俗っぽさ」も無いが、「抽象的な思考」と「間接話法」が、ただ内面世界を語るような独特の内容は、この後まで(異例にも!)改訂が続けられた「第4」と共に、おそらく彼の作品中でも最も「意義深く」、「オリジナルなもの」であり、その欠点も含めて、確かに彼の「代表作」の一つと言えよう。
「解決の印象が薄い」とは言え、それは「第5」「第7」の「勝利」とか「第6」「第9」の「打ち上げ式」とかよりは余程「リアルな」ものであり(最終的に自己のイニシャルをやたらと打ち鳴らす「胡散臭さ」はあるにせよ)、実際、これは彼の「正統的なスタイルに属する」「純音楽的な交響曲」としては、これが「最後のもの」となった。
(彼はこの後、さらに五曲を作曲するにも関わらず、交響詩的な内容のもの二曲、全曲に声楽入りのもの二曲、最後は自伝的なパロディックな内容のもので締めくくり、もはや「イレギュラーな形のもの」しか書かなくなる。)
これは「第5」で確立した彼の「最も中心的なスタイル」の「結論」であり、その「終局的」という意味では「真の第9交響曲」だったのである。(以降、次回。)


ラベル:音楽
posted by alban at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。